鍼禅(東洋医学を学んで快適生活)〜立禅から学ぶ東洋医学、武術で身体を整える

鍼禅(東洋医学を学んで快適生活)〜立禅から学ぶ東洋医学、武術で身体を整える

メニュー

毎日何もしないで、ただ好きなように過ごしていれば、ただ衰えて弱っていくだけ

 【中国拳法での健康維持と免疫力アップ】

 拳法は自分の身を守るためのものです。

 一般の観点からみれば自分の身を守る術を身につけるのが武術で、戦うことを想定しています。そうは言っても自分の身を守るためには、自分自身が健康で強くなければなりません。

 なので拳法は身体を健康に保つ練習が必須になります。

 その健康を保つ練習をメインに、ここではレクチャーします。

 東洋医学の理論に則って、詳しく解説させていただきます。



 基本的な練習は、"立つ”ことと“歩く"こと。

立つ、歩くといっても武術的な立ち方や歩き方を行うので、それが身体にとって効果的に作用します。

中国の病院ではリハビリにも活用されてる養生法、地味な内容ですがやってみれば運動してると実感するでしょう。

 ただ、派手な型稽古などは行なわないので、それを望んでいる方には期待に添えないと思いますが…


■活動方針や頻度

・身体の関節がスムーズに動くことで日々の疲れは軽減するので、関節の可動域を広げる体操をします。

・心と体はリンクしていて、身体の緊張は心の緊張を生みます。その逆に心の緊張やストレスは身体を緊張させます。なので立禅という気功の要素を含んだ稽古で、心と身体を緩めていきます。

・人間は楽ばかりすると身体は衰えていきます。なので心と身体が緩んだところで、意図的に緊張感をもった武術的な練習を行います。これにより体力増強に繋がります。

■どんな人に来てほしいか

・武術が全く未経験な方、何となく身体の不調を感じてる方、好奇心旺盛な方

■どのように参加してほしいか

・セミナーごとに各人に合った課題を与えますので、普段からそれを実践して自分の身体と向き合える方。

・次回セミナー参加時に、身体の状態をみますので、それによって次のステップの課題を与えていきます。

・最終的には、自身で体調をコントロールできるまでになっていただきたい。


【東洋医学と鍼灸治療の仕組み】

 西洋医学では病気の原因に着目し、その原因を除去することで病気を治療するというアプローチ方法をとりますが、東洋医学では病気を体全体のバランスが崩れていることから症状が生まれ、そのバランスを自然治癒力により戻すことができれば病気が治る、という考え方をしています。 

 特に、五臓(肝・心・脾・肺・腎)の不調が病を引き起こすと考えられ、五臓の不調を整えることで、病を未然に防ぐという考えを基本として治療にあたります。

*訪問鍼灸について


鍼禅の訪問鍼灸メインの説明ページです。

https://shinsen-harikyu89.simdif.com

站椿功(立禅)で得られるものは?

そもそも、人間にはあらゆる環境の変化に対して、自然に反応する能力が備わっています。

例えば

・天気が暑くなると汗をかいて、体温を下げる

・小さな虫が眼に向かって飛んできて、瞬きをして眼を守る

など…

これらは元々備わっている体のシステムで一般的に「無条件反射」と言われています。


それに対して、繰り返し学習することで得られる反応は「条件反射」といいます。

・サッカーのゴールキーパーの反応

・パンチを紙一重でかわす

など、スポーツや習い事や仕事のスキルなどもこれに該当します。


これらの一般的な学習スタイルもいいのですが、站椿功(立禅)が一般のトレーニングと違う点は、頭で想像したイメージを具体的に身体の生理反応として表現していくことにあります。


 運動は、頭で瞬間的にイメージしたことを大脳の指令により神経に伝達され、筋肉が収縮したりの動きを行います。

 つまり、意志によって筋肉の収縮力は生まれ、運動が達成されます。

また、別の例を挙げてみると


 梅干しを舐めると唾液が出ますね。でも、我々は梅干しを想像するだけでも唾液が出ます。


イメージしたことが具体的に生理作用として現れた、いい例です。

この反応力を他の面でも活用して身につけていくのが立禅の目的です。



〈咄嗟の反応力、対応力を身につける〉

武術的にいえば

武術で必要なのは、咄嗟の状況判断。

瞬間的に、

逃げるのか、戦うのか、かわすのか?

頭で考えていると間に合いません。戦う技をもってるなら、身体が勝手に動かないと意味がありません。

それは日常生活にもいえます。

突然、車が飛び出してきたとき動けるのか?

足場の悪い場所で突然転倒しそうになったとき、安全に回避して動けるのか?

身体が瞬間的に危機回避のために反応しなければ、怪我や事故に巻き込まれます。

 日常での生活でも自身の安全と事故や怪我を防ぐためにも立禅で得られる反応力は大切なものだと思います。



【站椿が運動になるのか?】

立禅は、大きなボールを抱えて少し膝を曲げて立つ姿勢で行います。

実は立っているだけでも、足の筋肉は使われています。

足の筋肉だけではありません。

じっと立つ姿勢を維持しようと、つま先・アキレスけん・太もも周辺など、下半身の大半に大きな力が入っています。

ちなみに頭は、5キロほどの重さがあります。

ボウリングの球くらいの重さを、首の骨で支えているというイメージです。


長時間じっと立ち続けているだけでも、体全身の筋肉を使っていて、疲れてしまいます。

歩いているほうが、多くのカロリーを消費できますが、例えば本屋でじっと立ち読みしているだけでも、カロリーを消費しています。

ちなみに体重60キロの人が1時間ほど立ち続ければ、120キロカロリーも消費されます。

無視できない量なのです。


さらに、両手を抱える姿勢にすることで

両側の腕を抱える姿勢にすることで、肺への2本の腕による圧力を減らす役目があり、酸素摂取量が増します。

腕を垂らして立つのと、抱えた状態で立つのとで数回深呼吸をして比べてみて下さい。

腕を抱えた方が手をただ垂らした時よりも呼吸がしやすく、、リラックスした快適な感覚がすると思います。


②手足を若干曲げる事で

手足をある程度の屈曲を維持するので、それに応じて骨格筋は継続的な収縮を維持します。

 それにより血液循環が促進され、内臓へも血液が動員されて循環していきます。

血液量が大幅に増加し同時に、筋肉の毛細血管も開いていきます。 これは主に、手足のしびれ感、皮膚を這う蟻の感覚、全身の発熱や発汗という形で現れますが、これは身体の好転反応です。