ハリトラメソッド鍼禅(立禅・武術))

ハリトラメソッド鍼禅(立禅・武術))

メニュー

武術的に立つことで身体を鍛え、武術の活法と鍼灸で身体全体を整える

立っているだけで運動になる⁉️

人気のあるスイーツ購入のため、行列で立ち続けてると足がだんだん疲れてきますね。

 あるいは、テーマパークの人気アトラクションで「60分待ち」とかで立ち続けると足が棒になった経験のある方も多いでしょう。


じっと立っているとき、別に足を動かしているわけでもありません。

実は立っているだけでも、足の筋肉は使われています。

足の筋肉だけではありません。

じっと立つ姿勢を維持しようと、つま先・アキレスけん・太もも周辺など、下半身の大半に大きな力が入っています。

ちなみに頭は、5キロほどの重さがあります。

ボウリングの球くらいの重さを、首の骨で支えているというイメージです。


長時間じっと立ち続けているだけでも、体全身の筋肉を使っていて、疲れてしまいます。

歩いているほうが、多くのカロリーを消費できますが、本屋でじっと立ち読みしているだけでも、カロリーを消費しています。

ちなみに体重60キロの人が1時間ほど立ち続ければ、120キロカロリーも消費されます。

無視できない量なのです。


ならば、その立つことを有効に活用しようというのが鍼禅の立禅。

立禅の基本的スタイルは両手でボールを抱えるようにして、高めの椅子に腰掛けてるようなスタイル。


立禅で期待できる効果効能

【下半身には全身の血液の70%が集まる。ふくらはぎがポンプのはたらきをしてくれる】

下半身には全身の血液のうち、約70%が集まるとされています。
心臓に近い上半身の血液は比較的負担が少なく心臓に戻りますが、下半身の血液は重力に逆らって心臓に戻らなければいけないので、多くの血液が集中します。
そこで、ふくらはぎのポンプのようなはたらきが血流にとって大切になります。ここに、ふくらはぎが「第二の心臓」と呼ばれる理由があります。


【ふくらはぎを構成する筋肉】

ふくらはぎは主に、ヒラメ筋と腓腹筋で構成されています。
膝の下から始まって、アキレス腱につながる筋肉がヒラメ筋です。また、ヒラメ筋に覆いかぶさるように膝上から始まってアキレス腱につながる筋肉が腓腹筋です。

立禅のポイントは、かかとを完全に地面につけず、少し浮かすようにすること。


血流アップで冷え性・むくみ改善

メリット1:下半身の血流改善は全身にも好影響

ふくらはぎには、血管だけでなくリンパ管も多く集まっています。
運動不足や同じ姿勢が続くと、静脈血や不要な物質が下半身にたまってしまうので、これらを上半身へ流すことが大切です。
血流が良くなることで「冷え性」が改善されたり、不要物質が流れれば「むくみ」を解消させることもできます。下半身の血流が良くなると、その効果は全身にも好影響を及ぼすと言われています。


メリット2:ふくらはぎの筋力アップや脂肪燃焼効果

立禅には、ウエイトトレーニングの基本的種目の「カーフレイズ」と呼ばれる筋力トレーニングの効果も含まれており、血流改善はもちろん、脂肪燃焼や筋力アップの効果も期待できます。
運動をする人であれば、足が速くなったり、ジャンプ力が向上するなどの効果が得られるでしょう。今回のように立ったまま行う立禅は、ふくらはぎ全体にまんべんなく負荷をかけることができるので、エクササイズを継続すれば、スラッと引き締まったふくらはぎを手に入れることができるかもしれません。


メリット3:足のつりやすさやこむら返りの防止

運動をしている時に足がつりやすかったり、普通に過ごしていてもいきなり足がつったりした経験はありませんか?
筋肉を使わずに凝り固まっていたり、血流が滞って温度が低くなっていたりすると、どうしても足はつりやすくなります。
特に気をつけたいのは「こむら返り」という筋肉の痙攣です。日頃からふくらはぎの運動を続け、筋力アップや血流改善を意識していれば、この「こむら返り」を防止することもできます。


運動が苦手な方にもできる適度な運動

立禅によるふくらはぎにかかる負荷は、水泳やランニング、厳しい筋トレなどが苦手な方でも簡単にできる手軽さがあります。
また、場所や時間を選ばないから、デスクワークが長く続いたり、外の気温が運動に適さない季節にでも行えます。
ふと思い立った時に、立禅の運動に取り組んでみて、ふくらはぎに刺激を与えてあげましょう。
ふくらはぎの活性化は、全身の健康に保つためにも効果的です。

鍼禅の治療スタイル

ハリトラメソッド鍼禅で実際に行う治療とは

【立禅】

 立禅は養生における基本功で、家を建てるとき基礎地盤がしっかりしていなければ丈夫で長持ちする家ができないのと同じで大切である。

そのため、まじめに取組み、毎日続けることが大事で、急がずに順々に進めていくことが大切である。


練習するとき、手足がある程度曲がることにより、全身の血液循環を促し内臓機能の働きを良くする。同時に筋肉内面の毛細血管も開いてゆるむ。

 これによって、手足等の部位のしびれやはれ、だるい感覚が出たり、全身の発熱、発汗、皮膚表面上に小さな虫がはうような感覚が出るが、日々練習していく中で、その感覚は快適な感覚に変わり、一種のゆるやかな気持ちのよい感じになり体調の改善が期待できる。

 そのため抵抗能力が増強し、精神は養われ、強い体力をつくり、脳の働きを強くするなどの作用が出てくる。



【鍼灸と活法】

 筋肉には体を支える程の力はない。人の骨格は206個の骨で関節を形成し身体を支えてる。

 体を支えている骨が充分に動かなければ、体を動かすことも筋肉も充分な動きはできない

  そして、全身が正しく動けば、内臓まで整ってゆく

⇨ 内臓を支えている骨格と筋肉の関係が歪めば体の内圧が狂い、その影響は内臓にまで時間をかけて及ぶ。(人の体の多くは水分で構成されている)


つまり、身体の骨格=関節をうまく繋ぐこと(骨を繋げる)が健康を保つためには重要



「骨を繋げる理由」

とくに肩関節と股関節がポイント

・肩関節と股関節は球状になっている=全方向に回転する。手足の胴体の接合部は全て球状

・凹凸した大地を歩く場合、股関節が球状なのでそれを正しく使えば、対応可能

⇨股関節が球状に動けば、脚の骨と骨盤が繋がる

⇨ 脚は股関節から動かすよりも骨盤から動かす方が効率良い動きとなる

・腕も同じ⇨ 肩から動かすより肩甲骨から動いた方が効率良く力強い動きに

⇨肩が球状に動けば指先からの連動が胴体に繋がり、力の流れは次の箇所に流れていく

⇨ 球状に動かないと連動が肩で止まり、動くたびに力がぶつかって負担が増し、激痛に

・肩関節と股関節を球状に動かすと、次の肩甲骨と骨盤が繋がり、動き始める

⇨ 肩が球状に動けば肩や首が楽になる

 

「筋肉の役割」

筋肉に身体を支える力はなく、身体を支えている関節の安定性を高めて、動きのコントロールをしている

そして、筋肉は螺旋状についている。

なので、人の体は螺旋に動くようにできている。でも…

    螺旋を無視して真っ直ぐに動かそうとしていたら、どうしても動かない部分が出てくる

・体を捻ると人の体は大きな力が出る構造になっている。普段からほとんど、捻る動作を行う機会を喪失した現代は、真っ直ぐに伸ばす際に動くはずの螺旋の動きが極端に衰えてしまっている。

⇨ 体のバランスを取るために螺旋状の手脚の筋肉を充分に動かす必要がある = 手脚の筋肉が真っ直ぐに付いていたらバランスを取るのに不自由

・螺旋は強いので手脚を支えてバランスを取るのに適している

⇨ 真っ直ぐで平坦な場所の動きより、バランスを取りにくい場所のほうが、より大きな力が必要

⇨ 人の体は動かしにくい、バランスの取りにくい場所でギアが上がり、より効率よく体を動かせる構造になってる

 ・手脚は螺旋の筋肉であり、捻じれば体幹と繋がる。体幹は複雑に筋肉が重なり付着している。手脚の複雑な動きをすべて繋げるための複雑な形なのだと思われる

 手脚は捻ると力が大きくなり体幹と繋げる。真っ直ぐに腕を上に伸ばす。肩の付け根の球状の骨格を回転させ、捻りを加えるだけで腕は簡単に伸びる。

⇨ ここに筋肉の捻りを加えればさらに上に伸び、体幹とも繋がるので胴体も一緒に上に上がる。骨格と筋肉が体幹と繋がり一緒に動く事によって、腕だけの動きの何倍も力が生み出される。

・体幹だけを鍛えるよりも手脚を捻って体幹を動かす方が何倍も効率が高くなる。部分を鍛えるトレーニングと体全体の繋がりを大切にする東洋の運動との違いは、捻りを加えた動きに隠されている。


【鍼禅の手技は武術を応用した活法】

「骨を繋げる」

骨が繋がっていない、ハマってないところを探り、繋げてやる

つかながったら動かして連動させてあげる

➡︎身体を繋げるのを妨げる最大の敵は力むこと


「螺旋で動かす」

チカラを入れたら抜く、これが体の基本的な仕組み

➡︎もう一度動かすには一度力を抜く

➡︎力のためには力が入っていない状態が必要

➡︎陰陽、一方向には反対方向がある

螺旋で伸ばして戻す(縮めて伸ばす)=入脱力


「鍼灸で五臓を整える」

新着情報 &  ブログ

7 Apr 2022

4月16日 土曜日稽古 

大阪城公園にて、立禅や歩法のレクチャーを致します。

本来中国武術は、野外の自然を感じる場所で行うのが一番効果的なので、定期的に昼間の野外稽古を行っていきます。


時間は13時から3時間程度。

月曜日の通常稽古より長丁場ですが、その分じっくりやりたいと思います。


集合場所は、公園内の噴水があるスタバの前。

参加費は2000円となっております。

よろしくお願いします。

立禅と歩法、身体の有効な使い方についての出張個人レッスン

期間限定3月下旬〜10月下旬


通常練習に参加出来ない方や、より深く立禅や東洋医学について学びたい方に出張で個人レッスンいたします。

内容は、より各人に沿った指導が行えるので理解は深まると思います。

ご希望の公園などで2時間レッスン致します。

レッスン料金3000円

出張地域:摂津市 茨木市 吹田市 高槻市 大阪市(他の地域は要相談)